お世話になる親子

昨日ウィルとお散歩してたら、いつもの散歩コースで
泣いている子供発見!!

ランドセルしょったまま、家の玄関の前で泣きじゃくっている。

”怒られて、家から締め出された??”

にしてはランドセル姿だし、どう見ても1年生くらい。
ほっとけないよね~^^;

泣きじゃくっている子に何とか聞いてみると、
家に帰って来たけど、お母さんがいなくて鍵も無いので
入れない。らしい。
でもいろいろ聞いているうちに、とりあえず泣き止んだ。

このままココにいても何時に帰ってくるかもわからないので、
「とりあえず近くのセンター(図書室もあるので)で待ってよう」、と
誘ってみるものの、昨今は教育が行き届いてるね~、
怪しいおばさんの誘いにはまったく乗ってくれません(>▽<;)

さあ、どうする??私。
散歩中なんで、携帯も持ってないし、困った~~^^;

で、私がセンターに行って事情を話して、
とりあえず学校に連絡をとろう、と、職員さんと現場に戻ってきたら、
ちょうど同じタイミングで、中学生のお兄ちゃんが帰ってきて
無事にその子は家の中に入れたのでした!!

良かった、良かった♪


その話を、仕事から帰ってきた娘に話したら、
「私も小学生の時、帰ってきたらお母さんがいなくて
家に入れなくて、トイレもらしそうで泣いてたら、
お隣の奥さんがトイレ貸してくれた事あったよ(^^)」

まぢかいっ!!

その日お世話になった職員さんも、偶然お隣の娘さんだったので、
親子ともども、お隣にお世話になっているのでした。
日々、ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ





[PR]
by wanbogi | 2016-04-13 17:41 | 雑談 | Comments(0)

札幌でドッグホテルを営んでいるオーナーのあれやこれや


by ワン
プロフィールを見る
画像一覧